人を癒すセラピストになりたいなら資格を取得しよう

レディ

幅広く活用できる方が有利

男女

ビジネスにおいて必要な資格とは、仕事に直接結びつくものだけではない。むしろあらゆる業種にも対応できる資格の方が有利なのだ。それは自分の価値を高めることにもつながり、転職や査定に与える影響も多い。産業カウンセラーなどは社内の環境保全に役立ち、IT化が進んだ現代では情報セキュリティも重宝されている。

詳細を読む

養成学校で学ぶ

メンズ

言語聴覚士になるためには、指定された養成学校で所定の科目を履修し卒業することで、国家試験の受験資格を得て合格することです。言語聴覚士は話す、聞く、食べることが困難な人達を支援する仕事ですが、高齢化の日本で今後ますます需要が高まると予想されます。

詳細を読む

治療や療法の仕事がしたい

レディ

療法の仕事の注意点

人の体や心のケアをするのは医師だけでなく、例えばマッサージ師や整体師等が有名ですが、最近はセラピストも人気です。セラピストとはセラピーが治療、療法という意味を持つことから治療師や療法士の職業の人を言います。セラピストは大別すると体の状態を整えるボディ系セラピストと、心理的な負担を軽減する心理系セラピスト、更に気功などのエネルギーを取り扱うエネルギー系セラピストに分かれます。資格取得は必ずしも必要ないですが、技術証明になりますので就職などで有利になります。資格は主に民間団体が発行している資格が多く、試験に合格する方法と発行団体が主催する講座を受講して取得する方法がありますので、事前に調べてから取得するよう気をつけましょう。

療法の仕事のポイント

セラピストになる上で大切なことは、数々の種類の中で自分に向いているものを見極めることです。その上でセラピスト団体が発行している資格取得を目指しましょう。国家資格と異なり取得のハードルは低いですが、取得のために一定の基礎レベルのスキルを得ることが最も大切です。例えばセラピストの中でも有名なものにアロマテラピーがありますが、この資格は日本アロマ環境協会が発行するアロマテラピーアドバイザーとアロマテラピーインストラクターがあります。どちらも認定講座を受講するか認定スクールに通い所定の科目を修了すれば資格を取得できますが、肝心なのは講座で基礎スキルを磨くことです。資格はその証明と考えて、取得後も更なるスキルアップを目指すことが大切です。

保育の専門家を養成

ウーマン

最近の保育専門学校では、教育研修という選択科目を追加する所が増えてきました。本来は、正式に保育士の資格を取得した人が勉強する内容ですが、早い段階で保育の技術を磨こうという狙いがあります。この勉強をすれば、就職にも有利なので選択する学生も多いといいます。

詳細を読む