養成学校で学ぶ|人を癒すセラピストになりたいなら資格を取得しよう

人を癒すセラピストになりたいなら資格を取得しよう

女性

養成学校で学ぶ

メンズ

最短で国家試験に合格する

最短で言語聴覚士になるためには、高校を卒業後に文部科学大臣が指定する4年制大学や3年制短期大学で学び、国家試験を受験するための受験資格を得ることです。言語聴覚士の国家試験合格率は60%台と低く、資格を取得するためには確かな知識と技術を必要とします。しかし、養成学校を卒業したばかりの新卒者の合格率だけを見ると80%前後と高く、養成学校できちんと学習することで合格に繋がることがわかります。養成学校では、言語聴覚士に必要な言語や聴覚医学、嚥下障害学や言語聴覚障害学などの他に、社会福祉や心理学、基礎医学や臨床医学など幅広い分野を学びます。養成学校でしっかり学び卒業することが国家試験合格に繋がるので、毎日の積み重ねがとても大切です。

高齢化社会に必要な仕事

言語聴覚士の仕事は事故や病気、障害などで言語障害や音声障害、嚥下障害に困っている人達やその家族を支援するやりがいのある仕事です。話す、聞く、食べるなどの毎日の生活に必要な日常動作が困難な人達にとって、言語聴覚士の支援は欠かせなくなっています。言語聴覚士は医療機関だけではなく、福祉施設や教育機関など様々な場で活躍できる仕事です。また、言語聴覚士は国家資格を取得した専門職なので、結婚や出産などで離職しても復職しやすく、一生を通して長く働くことができます。高齢化が進む日本では、言語聴覚士の支援を必要とする人達の生活の質を上げるために、今後ますます言語聴覚士の需要が高まると予想されます。言語聴覚士の仕事はすぐ結果に結び付くわけではないので、根気強く広い心で支援することが大切です。